遺伝子増幅技術

遺伝子増幅技術

耐熱性のあるDNA結合酵素(RecA)を用いて精度の高い遺伝子増幅(RecA-PCR)技術を作り上げています。これは、PCRプライマーのアニーリングの特異性を高めるために、高温下で行うPCRに耐えうるRecAを高度高熱菌から単離・精製することで、精度の良い増幅法を確立しました。

遺伝子増幅技術

高性能酵素技術

酵素は酸化・還元触媒の機能、特定の金属や化学物質と結合する性質があり、バイオマスのエネルギー変換や有用金属の回収、超高感度なセンサなどへ応用が期待できます。
温泉など極限環境に生息する微生物から特殊な酵素を抽出し、遺伝子レベルで操作・改変することで耐熱性・耐久性に優れた酵素を得る研究を進めています。

高性能酵素技術