Cosmosとは

| コスモス(COSMOS)名前の由来

アイシン精機では、世界の頭脳を集結したシーズの探索と企画、および時代を先取りする未来技術の研究開発を、日・米・欧にミニ研究所を設立し、コスモスプランとして進めてきました。
各ミニ研究所にはそれぞれ天体の名を冠したネーム(コメット、オリオン、サテライト、マーキュリー、オベロン、スピカ)が付けられ、それらの頭文字を組み合わせた“COSMOS”が、アイシン・コスモス研究所の名前の由来となっています。現在、各ミニ研究所は統合・再編を経て分社化されましたが、コスモスプランの理念である、地の利を活かし自由な発想の下、先端技術にチャレンジし続けるという理念が受け継がれています。

Cosmos図解

※この図は、09.03更新時の状態を示しています。