求人情報Recruit

求める人材取締役 奥村幸司

自分の考えを持って、物事の本質を追求する強い意志
アイシン・コスモス研究所は、先進技術・先端技術を積極的に取込み、時代に先駆けて斬新なアイデアを
形にすることで、社会に貢献することをめざしています。
親会社であるアイシン精機は自動車から住生活関連まで、私たちの生活に密着した幅広い製品を扱って
います。
こうした多彩な事業活動を背景として、コスモス研究所は自由な発想をベースにさまざまなアイデアを
提案し、開発できる環境に恵まれているといえます。
そうした中で私たちは、確固たる自分の考えを持ち、常に物事の本質を追求していく姿勢を持ち続けて研究
開発が出来る人、どんな難題に対しても前向きに考え、仲間と一緒になってチャレンジできる人を求めています。
コスモス研究所というフィールドで自分自身を大きく成長させたい、世の中に貢献したい、
と強い意志を持った人、私たちと共にその夢を実現しましょう。

先輩の声

E.U 2006年入社 専門分野 計測工学
現在、私は社外に拠点を移し、「快適生活」をテーマとした研究開発に取り組んでいます。
業務を推進するために、外部研究機関が保有する技術を習得する事が必要と認められれば、
産学官連携で研究することが可能です。他分野の専門家とのコミュニケーションは、
今まで気づかなかったポテンシャルを引き出してくれます。
常にチャレンジ精神で自己を研磨し、成長を志す人には、馴染み易い環境だと思いますよ。

Y.N 2005年入社 専門分野:細胞生物学
私たちの研究所では、自動車から住生活、環境・エネルギーなど幅広い分野に関する
テーマに取り組んでおり、さまざまな専攻分野の人たちと連携をとりながら業務を
行っています。
そのため担当者は幅広く自由度の高い課題に取り組むことができます。
また社外の研究機関や専門家の方を通じて新たな知識や技術を習得させてもらえる点も
魅力です。

M.A 2006年入社 専門分野:半導体工学
私達のチームでは次世代の太陽電池として期待されている色素増感型太陽電池の研究開発
を行っています。この太陽電池では物理だけでなく化学の知識も必要となるため、
日々勉強しながら業務をこなしています。異分野での仕事には大変な面もありますが、
新しい知識や技術に触れられる喜びを感じつつやりがいをもって取り組んでいます。
また当チームのメンバーの多くはインド人で、インドの国立化学研所内にあるラボで
研究開発を行っています。普段はメールや電話でやり取りをしていますが、
時にはインドまで直接出向いて打ち合わせや議論をすることもあります。
彼らとの交流は仕事の面でもプライベートの面でも様々な刺激を与えてくれます。
このような経験を積むことができるのも魅力のひとつですね。

コスモス研究所というフィールドで自分自身を大きく成長させたい、
世の中に貢献したい、と強い意志を持った人、私たちと共にその夢を実現しましょう。

エントリーフォームはこちら