CO2利用CO2 use

近年、急速な経済成長に伴うエネルギー需要の増加で、空気中の二酸化炭素濃度は危機的なレベルにまで上昇し、地球温暖化などの弊害がでています。
こうした中、現在注目されているのが、二酸化炭素排出を抑制するだけでなく、それを回収し貯蔵したり、有用な物質に変換したりする技術「CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)」です。

二酸化炭素から直接的に有用な物質を製造

二酸化炭素を貯蔵する技術CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)は、地中貯留に適した地層まで運び、長期間にわたり安定的に貯留する技術で、欧州をはじめ、日本でも実証試験が進められています。

一方、新たな商品やエネルギーに変える技術も開発されはじめました。こういった技術はCCU(Carbon dioxide Capture and Utilize)と呼びます。
二酸化炭素を藻に吸収させ、有用な物質を製造する技術などは、すでに実用化レベルにあるといわれています。しかしながら、工程が複雑であったり、コストが高かったり、課題はまだまだ多いのが現状です

私たちは、もっと簡便な方法で二酸化炭素から直接的に有用な物質(メタノールやカーボン粉末)を製造する基礎技術研究を行っています。

CO2利用